めばえの記

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

山はじめ

今年の山はじめは、家族3人で高尾山に登ってきました。

前回のお山歩から約4ヶ月ぶり。
手術後約3ヶ月ぶりの待ちに待ったお山歩です☆

家を朝6時に出発!
高尾山口駅には8時ごろに到着。
ピーンと張り詰めた冷たい空気が辺りを包みます。

準備運動をして、いよいよ登山開始!(8:25)
今回も稲荷山コースで山頂を目指します!


手袋をしていても指先がしびれるような寒さの中、
一歩一歩進んでいきます。

日も高くなり、運動のせいもあって、少しずつぽかぽかに。
上着を脱いで、また上を目指します。

ケンタロウも元気にお山歩。
順調に稲荷山山頂まで着きました。(9:15)

普段はけぶってしまっている景色も今日はくっきり☆
東京スカイツリーや茨城県の筑波山もきれいに見えました。

小休憩をして、また高尾山頂を目指して!

以前ならこの段階で息をきらし、
心臓に軽く痛みを感じていたんだけど、今回は全然平気☆
相方からみても余裕が感じられたそう。

もうきっと貧血もなく、バリバリの健康体になったってことでしょう!
生まれ変われてよかった(●´∀`●)

その調子で順調に高尾山頂に到着!(10:00)


今までどの山に登っても見ることが出来なかった富士山が
今日はハッキリとみえました☆
やっぱり今年は縁起がいいのかも♪

山頂で小休止したあと、紅葉台を通り一丁平を目指します!
ケンタロウ裏高尾デビュー☆
一丁平には10:50についたので、
その先の城山を目指してもよかったんだけど、
帰りの折り返しも考えて、今回はここでやめておくことに。

日向のベンチをみつけてランチ。
やっぱり山で食べるご飯は美味しい!
スープの温かさもほっこり胸とお腹にしみました。

1時間ちょっとの休憩を終えていざ出発!
折り返しは、紅葉台を通り、高尾山頂を巻いて、
3号路を通り、薬王院へお参り。(13:10)


おみくじをひいて(吉でした…)、権現力ソフトも堪能し、
途中ひっぱり蛸をなでなでして、ケーブルカーの高尾山駅まで下山。(13:40)



ケンタロウがこの登山の糧にしていた天狗焼きも堪能☆
少しずつ日も傾き、風も冷たくなってきて、景色も白くけぶってきた。

お腹も満たし14:15下山開始。
そのまま歩いて行く予定だったんだけど、たまには乗ってみるかと
リフトを利用してみることに。

10分ちょっとの空中山歩。


ちょっぴりスリリングで面白かった♪

今回のお山歩は、初めてがいっぱいのとっても楽しいものでした(o・∀・o)

ケンタロウも去年と比べると、足運びもしっかりしたし、
今回は手を繋いだりサポートしなくても、
最初から最後まで自分の力で歩くことが出来たし、
大きな成長も感じることが出来た、いい一日になりました。

やっぱり今年はいい一年になりそうです。
本厄なんか吹っ飛ばせ!

次はどこへお山歩に行こうかな。

山歩(さんぽ) | permalink | comments(1)

足和田山に登ってきました!

今朝は4時半に起床。

5時半出発で、山梨県の【足和田山】に行ってきました。

中央道で渋滞につかまり、予定より約1時間半遅れで到着。

登山道手前のレストハウスに駐車するんだけど、
そこまでの道はオフロード。
「ここ、車で入っていいの?」って感じの未舗装の坂道を、
登りきった先にあります。

駐車場に車を停めたのがちょうど10時。
準備を整え、いざ出発!(10時15分)

10分弱登ると、「三湖台」という少し開けた場所にでた。
ここはその名のとおり富士五湖の内の三湖が見渡せる場所。

富士山はけぶって見えなかったけれど、
眼下には青々とした富士の樹海が広がって壮観。

でも、まだ登り始めたばかり。
足和田山の頂上は「五湖台」。
ガイドブックでは、その景色を絶賛されていたため、
それに想いをはせながら、頂上を目指すことにした。

アップダウンはあるけれど、緩やかな場所もあり、
割とスタスタ歩を進められる登山道。
今回はケンタロウも手を引かれず、単独での登山です。

まだ通り道のチョイスがおぼつかず、
あえて茨の道を選ぶケンタロウ。
ぬかるみに入ろうとしては怒られ、
すべる丸太に乗っては怒られ…。

でも、楽しそうにぐんぐん進んでいきました。

歩き始めて1時間半(11時45分)。
無事に頂上に到着です!



登山道の雰囲気はとっても軽かったけれど、
一応標高は今までで最高の1355m!
風が涼しく、もう夏が終わってしまったかのよう。

人っ子一人いない、小さな頂上。
ここまですれ違った人も10人、3グループくらいだったかなー?

いい時間だし、やぐらに登ってお昼タイム☆
「絶景をおかずに…」と思っていたのに、
周囲の木々は、高々と生い茂り、
やぐらに登ってみたところで、何も変わらず…。

幹の隙間から、かろうじて河口湖の水面を拝める程度。
絶景どころか、周囲の状況さえ見ることが出来ません…。

残念に思いながらも、お昼を完食し、
12時25分、今度は巻き道を通って下山することにしました。

巻き道は緩やかな傾斜の林道。
多少距離は伸びるけれど歩きやすい。
そして、約1時間で駐車場へ到着。

不完全燃焼の感を残しつつ、またオフロードを下山。

次は、汗を流すべく立ち寄り湯へGO!

汗と疲れを流し、ご当地「吉田うどん」を頬張る。
以前入ったお店がおいしかったので、そこを探したんだけど、
うろ覚えで見つからず、仕方なく近くのお店へ。

おいしかったけど、やっぱりあのお店のを食べたかったなー。
味噌味で、とっても素朴な懐かしいお味と食感なのです!

そしてその後は「朝霧高原」の道の駅へ。
道中に見えた富士山は、赤富士とまではいえないけれど、
うっすらと紅化粧をして、なんとも幻想的で勇ましかった。
すぐに雲がかかってしまって、シャッターチャンスは逃してしまったんだけども。

気温19度。
うっすらと日が落ちてきて、いよいよメインイベント。
富士山5合目からの天体観測です!

富士登山道に入るころ、急に辺りが霧に包まれ、
駐車場渋滞6キロの看板が…。

しばらくそこに駐車し、行こうか戻ろうか検討したところ、
霧も出てるし、星は見れないだろうと。
とりあえずで登っても、渋滞で身動きが取れなくなるとどうしようもないので、
今日は諦めて、またいつかリベンジすることに。

なんだか色々と残念な結果ではあるけれど、
充実した楽しい一日になりました。

満点の星空。
早くリベンジしたいな☆




 

山歩(さんぽ) | permalink | comments(2)

登頂成功!

 

7月31日(土)
家族3人、神奈川県伊勢原市・秦野市・厚木市にまたがる
大山に登ってきました。

丹沢入門で知られる山らしい。

標高1252メートル。
駐車場から頂上まで標高差 約1000メートルの長丁場。

ケーブルカーを使えば、約700メートルあたりまで
距離を稼げるんだけど、今回は駐車場から自力で頂上を目指すことにしました。

7:30
さすがに夏!
平地よりは若干涼しいかも知れないけど、
太陽光ガンガンで、蒸し暑い!

しかもケーブルカーの駅までは、コンクリートの階段。
15分ほど歩いただけで、息が上がってきてしまった。

駅を過ぎると木のトンネルに入って直射日光をさえぎってくれたので、少しはマシに。

でも道は相変わらず階段状。
コンクリートよりはいいけど、歩幅が決められちゃうので、
なかなか自分のペースがつかめない。

それでも頑張ってケーブル下社まで到着!
お茶屋さんで少しの休憩を取り、いざ山頂を目指す。

ココからは、登山!という感じの道。
ちょっとした鎖場もあったりして、道も細く、
当たり前だけど真剣に登りました。

やっとの思いで見晴台に着いて、
行動食などで腹ごしらえ。

見晴台というくらいで、どんなに眺望がいいのかと思っていたら、
霧がすごく、下からぐんぐん上がってきて、何にも見えない。

あまり休みすぎても動けなくなるので、
そこそこで頂上を目指すことに。

頂上への道は更に辛く、ちょっと怖い岩場もあって、ひやひや。
つづら折の山道、霧の中、湿度100%
過酷!高尾山からのステップにしては、ちょっと無理があったかな?
と少し不安に思いながらもひたすらに登り続ける。

途中すれ違う下山者の人に頂上までの時間を尋ねると、
まだそんなにあるのーとげんなりするほど。

でも、下りるにしても逃げ道はないし、
とにかくひたすらに頂上を目指すしかない!

相方とケンタロウはスタスタとまだ余裕なようだけど、
ウチは一歩一歩気合を入れてあげていかないと進んでいけない。

この辺で霧でも晴れて、眺望を拝めたら気分も違ったんだろうけど、
真っ白で何にも見えない。

登り始めて5時間、やっとの思いで頂上到着!

しかし霧も深く眺望は皆無。
おまけに雨まで降り出した!
土砂降りです。

屋根のある場所が狭かったので、頂上にいる人が
みんな避難してきて窮屈。

ケンタロウはかろうじて座らせたけど、
大人は立ったまま、おにぎりをむさぼった。

疲れを癒すどころか、余計に疲れた感も。
1時間ほど経ち雨も止み、お腹も満たされたので、いざ下山!

相変わらずケンタロウと相方はスイスイ。
でも、ウチのひざはガクガク。

見晴台に着くと若干景色がひらけていて、
頂上を振り返ることが出来た。

あんなとこまで登ったんだなーとしみじみ。

やっとの思いでケーブル下社駅に到着。
登りでお世話になったお茶屋さんで少し休憩し、
夕刻も迫ってきているため、
ここからはケーブルカーで下山することに。

頂上から駐車場まで約3時間。
お昼休憩を含め、約9時間の長丁場。

疲れたけど楽しかったー☆

ケンタロウは車に乗ったらバタンキュー。
運転の相方は眠るわけにいかないけど、
助手席のウチもクライマーズハイというか、
なんだかいい気分で眠気や疲れもどこへやら。

夕日に照らされた大山をミラー越しに眺めながら、
高速を行くのでした。

翌日は、全身筋肉痛の洗礼を受け、
3、4日引かない痛みに悩まされたとさ。

心配していたケンタロウは、山に登ったことが嘘みたいに、
なんでもないように飛び回ってる。

4歳児、1000メートルをなんなく登れちゃうんだね。

次はどこに行こうかな。


ちなみに・・・。
本に載っていた歩行時間ですが。。。
同駐車場からケーブルカーを使用、
下山は駐車場までという、
今回の逆ルートで3時間45分が目安になっているそうな。

下りのほうが時間は稼げるけど、
ちょっと時間かかり過ぎだね。

足をひっぱったのは多分ウチ^^;
体力つけてリベンジしよう!





山歩(さんぽ) | permalink | comments(3)

ヤッホー!



今日は、相方の幼馴染ご夫婦と高尾山登りに行ってきたよ。

ケンタロウをばぁばに預け、大人だけの山歩。

続きを読む >>

山歩(さんぽ) | permalink | comments(8)

最新コメント